【基本】どんな商品を中国から仕入れるか


タオバオとは

タオバオは中国最大のショッピングサイトで今や世界一とも言われているECサイトです。

“淘宝(Taobao)”の意味は、 “見つからない宝物はない、売れない宝物はない”とされています。また、2年という短い期間で、すぐにオンラインショッピング市場を制覇し、中国のオンラインショッピング市場シェアの約70 %”、中国の市場のショッピングサイト上では基本的に独占しています。

一応オークションサイトになってますが、ほとんどが即決価格になっていてショッピングサイトと認識してもよいでしょう。

個人ではなく業者が出品しているのが特徴です。

アリペイとは

アリペイは電子決算サービスです。タオバオを運営するアリババグループが運営しています。

中国オンライン決済市場では、日本とは異なり、セキュリティや商習慣の違いからクレジットカード決済は普及せず、アリペイ決済が最も普及率の高い決済手段になっています。

このアリペイは購入者に商品が届いた確認があってはじめて支払いがされるので詐欺にあうことはほとんどありません。

感覚としてはPAYPALのような感じです。

中国では詐欺が多いですが、このアリペイの登場によりEC市場が大きくなったといっても過言はないでしょう。

タオバオで仕入れる

さてタオバオでどのような商品を仕入れれば儲かるのか? まずは市場調査のようなものをして売れ筋というか儲かりそうな商品を探さなければなりません。 ますは楽天ランキングを見ます。

http://ranking.rakuten.co.jp/) 楽天ランキングでは多くの中国から仕入れたと思われる商品を見つけられると思います。 またオークファンで調べてもよいと思います。

中国から仕入れる場合は当たり前ですが国際送料がかかります。 意外と高いので注意が必要です。 また代行業者に依頼することもできますが、レートも高く、下手をすると赤字になる場合もあるので注意が必要です。

中国仕入れで注意すべき点ですが、タオバオではコピー品の取り締まりをしていますが、まだまだ多いです。

ブランド物、メーカ品を仕入れるのはやめておいたほうがよいです。 税関で没収されるケースもありますし、購入者とのトラブルに発展して面倒なケースになる場合もあります。 また、電化製品の仕入れにも注意しなければなりません。

コンセントの形状や電圧に注意しなければなりません。

中国仕入れの基本

商品を仕入れて販売するには基本的に「仕入れ値」と「売値」があってその差額が儲けになりますね。

当たり前ですが安く仕入れて高く売ればその差額大きければ大きいほど利益になります。 これは商売の基本ですね。

基本的に輸入ビジネスは日本より安い国から仕入れて日本で売ることになります。

アメリカから仕入れる場合はEBAYが有名ですね。 ここは限定ものや、掘り出し物が多く、利益を出そうと思ったらそれなりの研究と経験が必要になります。 また参入者が多いのもあげられます。

中国から商品を仕入れる場合にはまだまだ言葉の壁などの問題があり少ないです。
また
詐欺
品質
の問題もあるでしょう。

たしかに詐欺や品質の悪さはあります。 しかし、それなりに注意していれば十分さけられます。

詐欺に関しては、支払いを電子決算のALIPAYにすれば心配はありません。

また品質に関しては、普通の中国人が品質管理しているところは悪いです。

なので中国から商品を仕入れる場合には品質がまともな業者を見つけるのがポイントになります。

私の経験では、不良品はたしかにありますが、その確率が1-2%くらいなら気にせず仕入れても損はないと思います。

関連商品

タオバオで稼ぐ! 初心者から始める中国輸出の教科書

新品価格
¥1,620から
(2019/6/23 23:18時点)


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座