【保存版】楽天カードに申し込んでみた


楽天市場好きであれば、合わせて利用することで何かとお得なことが多いのがこの楽天カードです。自分はVISAとJCBは別のカードであるのですがマスターカードがなかったので楽天カードを作ることにしました。今回はこの楽天カードの申し込み方をご紹介いたします。

申込方法

楽天カードは、ネットからの申込になります。新規入会&利用キャンペーンもあるので、楽天スーパーポイントもけっこうもらえます。時期によっては7,000ポイントや8,000ポイントももらえます。

楽天カードのページに行きます。

もし既に楽天会員になっているのであれば、左側の「楽天会員の方」、そうでなければ右側の「楽天会員でない方」を押します。

楽天会員になっていると、楽天の会員情報が反映されるので申し込みが速いです。

JCB・VISA・MasterCardの3種類からどのブランドを使うのか選択します。

続いて、カード種別とデザインを選択します。

楽天会員でなければ名前などを入力していきます。

楽天カードや楽天ポイントカードからのメールマガジンを受け取るかどうか選びます。

「請求書送付先」と「カード入会後のご利用目的」を選びます。
「請求書送付先」とは楽天カードを届けてもらう先のことです。

「自動リボサービス申し込み」をどちらにするか選択します。よくわからないなら必ず「申し込まない」を選んでください。リボ払いになると、あとあと支払う手数料が多くなる割には大してポイントがもらえませんので注意をしてください。

「ショッピングリボお支払いコース」は、先ほどの自動リボを申し込んだ場合に入力します。

「楽天カードのキャッシング枠」は、仮にキャッシングを使ったときの上限金額になります。

楽天カードのキャッシング枠

  • 50万円
  • 40万円
  • 30万円
  • 20万円
  • 10万円
  • 5万円
  • 0万円

「他社からのお借入金額」は、もし住宅ローン以外での借り入れがある場合は「あり」を選びます。

なければ「なし」を選びます。

「家族カード」に申し込む場合は選びます。

ETCカードを付帯させるかどうかも選びます。

楽天カードは楽天Edyと一体型にできます、もしカードと一緒にするのなら「希望する」を選びます。

すると500円分のEdyがもらえます。(楽天Edyはオートチャージも設定できます。)

「楽天Edyからのお知らせ」を受け取るかどうか設定します。

「ご利用代金お支払い口座」は、この場でインターネット手続きするか、あとで郵送で手続きするかを選べます。

※楽天銀行がおすすめです。普通預金金利が0.04%になったり、ハッピープログラムによって楽天スーパーポイントが貯まります。

勤務先名などを入力します。

「口座登録手続きへ」ボタンから手続きを進めます。

任意で、楽天カードを作ったあとに利用する「楽天e-NAVI」の開始手続き専用のパスワードを設定できます。

これで楽天カードの申込完了です。

発行状況も確認できます。

楽天カードの特徴は?

  • 年会費無料
  • 楽天市場でポイントが3倍
  • ポンカンキャンペーンがお得!
  • 楽天Edy・ポイントカードと一体型で便利
  • 店舗で使うとポイント還元率が高くなるお店もある

とこんな感じです。

楽天市場でポイントが3倍はすごいですね。

ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

審査が通ればだいたい一週間くらいでカードが届きます。

楽天カード申し込み↓

キャッシュレスで得しよう! クレジットカード&スマホ決済&電子マネー&ポイントのかしこい選び方・使い方 (マイナビムック)

新品価格
¥756から
(2019/6/24 00:09時点)


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座