【認証】海外で要求される住所証明書には楽天銀行の英文残高証明書が安い。


海外で要求される住所証明書

海外でFX業者やマネーサービスを利用するときに要求される書類には身分証明書や住所証明書があります。

身分証明書はパスポートでいいんですが、住所証明書はラテン文字じゃないといけません。
ラテン文字とは英文なんですが、公共料金などでは日本語なので使えません。日本国内だと住所証明には、運転免許証、電気・ガスなどの公共料金やクレジットカードの支払明細書でいいんですが海外では無理です。(日本語デスクがあれば別ですが)

それではどれが一番簡単で安いか。



ちなみにどんな種類の書類がいいか

いろいろありますが、よく使われるのは国際免許証とか英文の残高証明書です。

国際免許証を取得するには費用がそれなりにかかり手続きも面倒です。警察署とかにいかないといけないし、田舎の方だと慣れていないのでたらい回しにされます。

取るのが面倒で以下の書類とか費用がかかります。

1)国外運転免許証交付申請書

2)運転免許証(免許の種類が、大型特殊・小型特殊・原付・仮免許(大型・中型・準中型・普通)のみの場合は、申請できません。)

3)海外への渡航を証明する書類(パスポート、船員手帳、航空券など)

4)証明写真1枚(タテ5cmxヨコ4cm)

5)国外運転免許証交付手数料(2400円)

以上を用意して住所地の公安委員会が管轄する運転免許試験場(運転免許センター)や、住所地を管轄する警察署に出向いて申請します。大変面倒ですね。

交付が警察署の場合は当日に交付されないこともあります。

英文の残高証明書をとろう

英文の残高証明の取得方法は簡単です。電話するだけです。

ちなみにみずほ銀行だと700円くらい新生銀行だと1000円くらいかかります。

1番安いのが楽天銀行です。500円くらいでとれます。郵送でおくられてくる日数は5日くらいでした。

あとはそれをスキャンして要求されたところに送ればいいだけです。

手数料と所要日数について

ちなみに手数料と日数は下記です。ご参考にどうぞ・

ゆうちょ銀行

510円  当日も可能。 窓口にて対応

みずほ銀行

756円  2週間くらい  窓口にて対応

三菱UFJ銀行

756円  2週間くらい  窓口にて対応

三井住友銀行

864円  2週間くらい     窓口にて対応

新生銀行

1080円  電話オペレーターに英文との依頼が必要。住所記入との確認も必要です。郵送で届きます。(1週間くらい)

新生パワーコール TEL0120-456-007

ソニー銀行

864円  英文で住所を記入するにはカスタマーセンターまで問い合わせ。郵送で届きます。(1週間くらい)

カスタマーセンター TEL0120-365-723

ジャパンネット銀行

432円  英文で住所記入ならカスタマーセンターまで問い合わせ。郵送で届きます。(1週間~10日~)

カスタマーセンター TEL0120-369-074(または03-6739-5000)

楽天銀行

515円  英文住所表記を頼むため、楽天銀行カスタマーセンターに問い合わせが必要。郵送で届きます。(1週間くらいかな)

楽天銀行カスタマーセンター TEL0120-776-910 (携帯からは 0570-064-924)

関連商品


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座