ニキビに関する無料リライト用記事:にきび:10の最も一般的な神話 1391字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

ニキビについて知っているつもりでいたことが、科学者たちの手によって着実に塗り替えられています。その一方で、多くの俗説が流通し、存続しています。この記事では、ニキビに関する誤解を解くことを目的としています。

誤解その1:ニキビは見た目だけの問題
ニキビは、深い心理的苦痛の原因にもなります。重度のニキビは、自己イメージの低下や気分の落ち込みにつながります。重度のニキビと社会的引きこもりには強い関連性があります。

誤解2:ニキビは不衛生が原因
皮膚の感染症はニキビと関連していますが、清潔さを欠くことがニキビ発生の原因ではありません。ニキビを作る油分と古い細胞の組み合わせは、皮膚の表面の下にあり、それを洗い流すことは不可能です。1日1〜2回、石けんを使って優しく洗うことで、肌をできるだけ健康に保つことができます。強くこすりすぎると、ニキビを悪化させる可能性があります。

迷信3:ニキビは特定の食べ物が原因
チョコレートは昔からニキビを作ると言われています。研究によると、これが真実であるという科学的証拠はありません。ポテトチップスや砂糖も同様です。ただし、牛乳や魚介類などのヨウ素を多く含む食品は、ニキビの原因ではなく、ニキビを悪化させると考えられています。

迷信4:ニキビは治らないといけない
市販のニキビ治療薬や、皮膚科で処方される強力な薬がたくさんあります。

俗説5:ニキビ治療薬は多ければ多いほどよい
ニキビがひどくなったら、薬を増やせばいいと思っている人がいます。しかし、薬は大量に飲むと危険なので、これはよくありません。ニキビ用の軟膏を使いすぎると、皮膚をさらに刺激することになります。

神話その6:日光浴はニキビに良い
日光を浴びると余分な油分が乾くので、短期的にはニキビが改善されます。しかし、長期的には肌は順応し、ニキビは悪化しません。さらに、日光浴は肌にダメージを与え、皮膚がんの可能性を高めるという科学的証拠もあります。

神話その7:化粧がニキビの原因になる
メイクアップ製品の中には、毛穴を詰まらせるものがあり、肌の健康に悪い影響を与えます。ノンコメドジェニック」や「ノナクネジェニック」と表示されている化粧品は安心して使えます。ブランドによっては、実際にニキビを治療する成分で作られているものもあります。

神話8:ニキビは10代だけのものである
ニキビは10代の若者に多く見られますが、大人にも多く見られます。ニキビは20代前半までには治ります。しかし、中には40代になってから初めてニキビができる人もいます。また、残念なことに、一生ニキビに悩まされる人もいます。

俗説9:ニキビはセックスと関係がある
禁欲主義やセックスのしすぎでニキビができるという話を聞いたことがあるかもしれません。これには何の根拠もありません。性行為とホルモンの分泌には関連性がありますが、セックスと皮脂(古い角質と結合してニキビの原因となる油性物質)の分泌との関係はわかっていません。また、ストレスや怒りもホルモンレベルに影響を与えます。

神話10:ニキビを治すには、ニキビを弾くのが一番。
ニキビを弾くと、ニキビの原因となっているバクテリアを拡散させ、ニキビを悪化させる可能性があるということです。また、ニキビを弾くことで、最終的には傷跡が残り、ひどい場合は永久に残ることもあります。