ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビ: 喘息薬がニキビ患者に効かない 682字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

クリティカル・セラピューティクス社が実施した臨床試験によると、喘息治療薬「ザイフロ」は重度のニキビ患者に効果がないことが明らかになりました。同社の統計によれば、Zileutonとして知られるこの薬は、炎症性病変の数を抑制する効果がプラシーボに比べて不十分でした。

12週間の臨床試験において、ザイフロを投与された患者は、平均11.5個の炎症性病変を減少させました。これに対し、プラセボ群では9.1個の病変が減少しましたが、統計的有意性は認められませんでした。

プラセボ投与群では16.4個の病変が減少したのに対し、ザイフロ投与群では平均25.3個の病変が減少しました。

同社は、この薬が試験の主要目標を達成できなかったものの、一部の患者に有効性が期待できる傾向を示したと述べています。

同社の広報担当者であるリンダ・レノックス氏は、今回の小規模な「概念実証試験」で得られた情報をもとに、ニキビ治療薬としてより大規模な試験を行うことになるだろうと述べています。

マサチューセッツ州レキシントンに本社を置く同社は、データの分析を続けており、結果をさらに解釈するために治験責任医師と協力していると述べています。

Zyfloは、5リポキシゲナーゼ(5-LO)と呼ばれる炎症を引き起こす酵素を阻害します。本剤は、1996年に12歳以上の喘息患者の治療薬として米国の規制当局に承認されました。当時、本剤はアボット・ラボラトリーズ社が所有しており、同社が数年間にわたり販売した後、2003年末にクリティカル・セラピューティクス社にライセンスされました。