ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビ – ニキビ跡を消すには 1244字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

身体が何らかの損傷を受けると、身体は自分自身を守るためにその兵士を急行させます。ニキビの感染も修復が必要な傷であり、体は白血球やその他の分子を送って感染と戦い、感染した場所を修復します。修復作業が完了すると、修復の証である瘢痕が形成されます。肌はニキビができる前のように滑らかにはなりません。必ず何らかの傷跡が残ります。ここでは、ニキビ跡について、また、医師がどのようにしてニキビ跡を修復し、以前のような肌を取り戻すことができるのかについてご紹介します。

ニキビ跡の種類 – 傷跡の種類について説明する前に、人によって傷跡の形成傾向が異なることにも触れておきましょう。非常に少ない傷跡しか残らない人もいれば、同じ種類のニキビでも大きな傷跡が残る人もいます。ニキビ跡には、組織が失われてできた傷跡と、組織が増えてできた傷跡の2種類があります。

凹んだ傷跡-このような傷跡には、アイスピック傷跡、凹んだ線維性傷跡、軟性傷跡、斑状のタイプなど様々な種類があります。嚢胞が膿、細菌、油、古い皮膚細胞で膨張すると、破裂して真皮を攻撃する。真皮を守るために白血球が殺到する。この破裂により、コラーゲンが失われ、深い凹みが生じます。下の組織が失われたために上の皮膚が支えられなくなり、皿状またはギザギザのアイスピック・スカーが形成されます。アイスピック・スカーは顔に多く見られます。

ケロイド-一部の人は、傷跡が逆に形成されます。コラーゲンの減少に伴い、体が繊維芽細胞を誘発して過剰なコラーゲンを生成し、ケロイドと呼ばれる瘢痕組織を形成します。ケロイドは男性の胴体に多く見られます。他にも、肥大性瘢痕と呼ばれる組織形成が増加するタイプの瘢痕があります。肥大とは成長しすぎたという意味です。

瘢痕治療- 瘢痕は、皮膚科医がさまざまな治療法を用いて治療することができます。瘢痕治療を行う前に、瘢痕に対する自分の気持ちを医師と話し合う必要があります。また、治療法を選択する際には、費用も重要な要素となります。どのような結果を望むかが第三の要素です。瘢痕の重症度、場所、治療法の種類なども、ニキビ跡の治療に必要な要素です。ニキビ跡の一般的な治療法は、コラーゲン治療、レーザー治療、ドレマブレーション、マイクロダーマブレーション、皮膚手術、皮膚移植などです。ケロイドは、治療によってさらにケロイドが形成されると考えられる場合は、治療せずに放置することもあります。また、ステロイドを注射することでケロイドを治療することもあります。

この記事は情報提供を目的としています。この記事は、医学的なアドバイスを目的としたものではなく、また、専門的な医学的アドバイスの代わりになるものでもありません。医療上の問題については、医師にご相談ください。本記事に記載されているヒントは、医師に相談してから実行してください。本記事から得られた情報によって生じたいかなる結果や損害に対しても、著者は責任を負いません。