美容に関する無料リライト用記事:化粧品の歴史 その2 835字

美容に関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

エジプト帝国が衰退した後、何世紀にもわたって世界のファッションは色白であることが主流でした。日焼けした顔は、夫と一緒に一日中畑仕事をしている平民のイメージでした。日焼けした顔は、夫と一緒に一日中畑仕事をしている平民のイメージで、上流階級の女性はもちろんそんな肉体労働はしないので、家の中で白い顔をしていました。
また、色白は富の象徴でもありました。お金があれば働かなくてもいいのです。そのため、顔色の良さが非常に重要視されていたのです。そのため、女性は(男性も)、水酸化物、酸化鉛、炭酸塩を組み合わせた粉末を顔や体に塗っていました。しかし、これは時に致命的な副作用である「鉛中毒」を引き起こした。
そこで、19世紀の化学者たちは、皮膚の呼吸を妨げず、鉛中毒を起こさない酸化亜鉛の混合物を発見した。その効果は絶大で、現在でも化粧品メーカーで使用されている。
エドワード王朝時代のロンドンでは、1900年の世紀の変わり目に、可処分所得のある社交界の女性たちが豪華なパーティーを開き、自分の富を誇示するために多くの接待を行っていた。パーティーの主催者である彼女たちにとって、その場で最も見栄えのする女性であることが重要であり、そのためには、可能な限り若く見えることが極めて重要であった。このような贅沢な生活をしていた当時の女性たちは、食事もろくに取らず、運動もせず、当時の都市が生み出す汚染された空気を吸っていました。シミを隠すために、アンチエイジングクリームやフェイスクリームなどの商品に頼っていました。
また、美容院にも通っていました。当時は、今とは少し違っていました。女性たちはサロンの奥に忍び込み、顔を隠して入っていきました。その中でも特に有名だったのが「サイクラックス社」で、クリームやルージュを女性に販売していました。オーナーであるヘニング夫人は、年を取ったことを誰にも知られたくないという切実な顧客のために、多くの製品を販売、作成した。