ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビとビタミン剤 1208字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

世界の人口の大半が人生のどこかでニキビに悩まされているのですから、その対策に力が注がれるのは当然のことでしょう。ニキビがホルモンの影響を受けてできるものかどうか、また、ニキビを防ぐためにはどうしたらよいか(処方薬、特定の漢方薬など)については、ある程度明確な答えが出ていますが、ニキビの原因となる未知の要素はまだまだたくさんあります。

しかし、科学がまだ答えを見つけていない数多くのニキビに関する疑問の中で、最も議論を呼んでいるのが、食事がニキビに影響を与えているかどうかという点です。

歴史的に見ても、ニキビには食生活が関係していると考えられていました。医師や主婦の間では、脂肪分の多い食事をすると顔色が悪くなり、ニキビができると考えられていました。

しかし、時が経つにつれ、科学的には脂質(脂肪)の多い食事とニキビとの間に直接的な関係はないことがわかってきました。ニキビは、毛穴に詰まった皮脂に細菌が繁殖してできるものであり、余分な油分が分泌されることはありません。そのため、少なくともこの15年間、西洋医学は食事とニキビには関係がないと主張してきました。

この研究は、Lit Hung Leung博士によって行われたもので、ニキビの吹き出物は、皮脂を作る脂肪酸を分解するのに必要なコエンザイムAを体内で十分に作れないからだとしています。なぜかというと、コエンザイムAはおそらく体内で最も必要とされる酵素だからです。このコエンザイムAは、性ホルモンを合成するものであり、脂肪酸を分解するものでもあります。

このコエンザイムAのうち、体内で生成できないのはビタミンB5だけです。つまり、ビタミンB5が不足すると、コエンザイムAも不足します。そして、コエンザイムAが不足すると、体は脂肪酸の分解ではなく、性ホルモンの合成にコエンザイムAを使うようになります。

つまり、脂肪酸が増えれば、皮脂の分泌が増え、ニキビが増えるというわけです。

面白いことに、Lit Hung Leung博士は、この主張を100人の人に試して実証しました。このグループは、パントテン酸(B5)を1日10g以上摂取し、B5の外用クリームを20%の重量で使用しました。2-3の後、皮脂の分泌が減少し、多くのニキビのある人が減少を実感しました。さらにひどいニキビのある人には、B5の量を増やし(1日約15?20g)、治療を長引かせて効果を確認し、時には6カ月に及ぶこともありました。

このように、B5がニキビを防いだり減らしたりする効果があるかどうかは、1つの研究が決定的に証明しているわけではありませんが、特にニキビを自然やハーブの力で治したい、過酸化ベンゾイルなどの化学薬品や処方されたニキビ治療薬を使いたくないという人には、検討する価値があるかもしれません。

ただし、他の医療行為と同様に、B5を使用する前に医師に相談することをお勧めします。