美容に関する無料リライト用記事:素敵なメイクアップのための7つのステップ 1524字

美容に関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

メイクアップのための7つのステップ

1. つけすぎない

メイクアップは特徴を強調するためのもので、あなたにマイナスの注目を集めるものではありません。メイクアップをしすぎると、それはあなたが望まない注目を集めることになります。以下のようなものをつけすぎないようにしましょう。

i) アイライナー:濃くて太いアイライナーは、やりすぎの印象を与え、他のメイクを台無しにしてしまいます。

ii)マスカラ:つけすぎると偽物っぽくなり、はげてしまいます。濃いアイラインや濃いブルーアイのアイシャドウと一緒につけると、特に印象が悪くなります。

iii) ファンデーション。ファンデーションは、自分の肌と同じ色にしましょう。ファンデーションは、顔を保護し、滑らかな外観を与えることを目的としています。魔法の言葉はブレンドです。

iv) パウダー:パウダーも同様で、つけすぎないようにしましょう。また、ラインが目立たないようにメイクをなじませることが大切です。

2. 唇

唇を完全に覆うようにリップライナーを塗り、色を加えれば、口紅がずっと長持ちします。リップライナーが見えないように気をつけましょう。また、唇の色は肌の色に合わせる必要があります。クールな色の人はクールな色を、ウォームな色の人はウォームな色をつけましょう。唇を小さく見せたい場合は、ライナーを唇の内側に塗るようにしましょう。しかし、あなたの唇を大きく見えるようにする場合は、あなたの唇の自然なアウトラインの外側に行くは間違いです。これはかなり混乱して不自然に見えることができます。

3. 適切なメイク
機会に適した化粧を着用します。ビーチに行く場合は、同じまたはダンスに行くと同じくらいの化粧をするべきではありません。また、昼間の外出時は、夜の外出時よりも化粧を薄くすべきです。

4. メイクが少なすぎる、またはしない

女性の中には、化粧の仕方がよくわからない、やりすぎが怖いという理由で、化粧をしない人がいます。不安な方は、まず自分の顔色に合った明るい色から始めましょう。最初はゆっくりと、1つずつ製品を追加していきましょう。ファンデーションから始めて、マスカラ、チーク、口紅などを追加していきましょう。メイクアップに慣れていない人は、最初にたくさんの製品を使うのは少し無理があるかもしれませんので、ゆっくりと始めましょう。肝心なのは、少しでもやらないよりはマシということです。それでも不安な場合は、専門家に相談しましょう。

5. 全体の印象

メイクアップが完成したときに、自然に見えるようにしましょう。つまり、色がぶつからないようにすることです。肌や髪の色が濃い場合は、濃い色の方が似合います。薄い色だと浮いてしまいます。髪や肌の色が明るい場合は、明るい色が似合います。暗い色のメイクアップは、あなたを老けて見え、厳しい印象を与えます。オイリー肌の方は、まずオイルコントロールモイスチャライザーとファンデーションを使います。その後、ルースパウダーをつけて、仕上げ用にプレスドパウダーを持っておくとよいでしょう。

6. ヘアカラー

髪の色も肌との調和が大切です。黒髪の人が色を足す場合は、同じ色に近いものにしましょう。明るい髪の人は、明るい色を使いましょう。年齢を重ねるごとに肌が明るくなっていきますので、ヘアカラーも同じようにしてください。ヘアカラーについて最後に一言。ヘアカラーをする場合は、根元が見えないようにしてください。

7. 最後に一言

定期的に化粧直しをすることで、一日中新鮮な化粧を保ちましょう。メイクアップが薄くなったり、シワになったりしないようにしましょう。スマイル!