ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビの種類・原因・治療法 1146字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

尋常性ざ瘡(にきび)は、一般にニキビと呼ばれる皮膚の炎症性疾患です。思春期によく見られる症状です。20代前半になると、消えたり減ったりします。ニキビは、油とバクテリアが詰まった肥大した毛包である面ぽうから始まります。面ぽうは肉眼では見えず、皮膚の表面下に存在しています。それが適切な状態になると、炎症を起こした病変に成長します。皮膚から分泌される油分が、腫れた毛包内でのバクテリアの繁殖を助けます。

非炎症性のニキビには、閉鎖型面皰(白い頭)と開放型面皰(黒い頭)の2種類があります。炎症性ニキビには4つのタイプがあります。
丘疹(パピュール)・・・最も軽度のもので、小さくて硬いピンク色のぶつぶつとして皮膚に現れます。

膿疱 ・目に見える膿を含んだ小さな円形の病変である。膿疱 ・目に見える膿を含んだ小さな円形の病変で、底部は赤く、中心部は黄色または白っぽい。

結節または嚢胞 ・大きくて痛みを伴う、皮膚の奥深くに留まった膿を持った病変です。結節は数週間から数ヶ月間持続し、内容物が固まって深い嚢胞になることもある。結節も嚢胞もしばしば深い傷跡を残す。

集簇性?瘡(しゅうごうせいざそう) ・主に背中、臀部、胸部に発生する重度の細菌感染症。

ニキビの主な原因は、アンドロゲンなどのホルモン、余分な皮脂の分泌、毛包の脱落、バクテリア、炎症などです。ニキビを抑えるには、次のような方法があります。
過剰な洗顔は避けましょう。健康な肌を乾燥させ、ニキビができやすい部分を刺激してしまいます。また、過剰な洗顔は、余分な油分の分泌を促します。

肌の調子を整えるためのアルコール製品を避ける。アルコールは強い収れん作用があり、皮膚の最上層を剥がし、皮脂腺からの油分の分泌を促します。

爪やピンなどでニキビを圧迫したり、つまんだりしないでください。バクテリアが皮膚の奥深くに入り込んでしまい、ニキビ跡が永久に残ってしまいます。

運動後は洗顔が必要です。皮膚にこもった熱と湿気は、バクテリアを繁殖させる理想的な環境を作り出します。

卵、ナッツ、レバー、牛乳、魚、葉野菜など、ビタミンA、ビタミンB-2、ビタミンB-3、ビタミンE、亜鉛を豊富に含む食品を摂取しましょう。

きちんと睡眠をとり、ストレスや精神的不安のない生活を送ることで、ニキビを減らすことができます。

運動をするときは、化粧は控えめに。ナイロンのみで作られた衣服は避けましょう。

ニキビが残した傷跡を減らすために、レーザー手術がよく行われる。アゼライン酸、サリチル酸、熱帯性レチノイド、過酸化ベンゾイルでニキビを治療することも一般的です。お茶やオイル、ハーブクリームなどを使って、従来の薬よりもハーブによるニキビ治療を試し始めた人も大勢います。