ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビとは 1475字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

ニキビとは、体の様々な部分に病変が生じることです。顔、胸、背中、首、肩、そして腕の上部にもニキビができます。これらのニキビは、黒ずみ、白ずみ、結節、シストなどの形で現れます。多くの人は10代でニキビに悩まされます。中には40代でニキビができる人もいます。ニキビはもちろん生活を脅かすものではありませんが、特に残りの人生を醜くしてしまうようなものであれば、深刻な支障をきたしかねません。ニキビがひどくなくても、顔の形が崩れることはあります。

思春期の始まりは、私たちの体にホルモンの変化をもたらし、その変化がニキビの原因となります。皮脂腺は、皮脂(オイル)を分泌することから皮脂腺と呼ばれていますが、思春期前の幼少期に比べて働きが活発になります。この豊富な分泌量の主な原因は、男性ホルモンであるアンドロゲンです。女の子や女性にもアンドロゲンはありますが、男の子や男性ほど多くはありません。

毛包がニキビのボールを転がし始めます。この皮脂腺の中にある毛包が、ニキビを起こす場所です。思春期になると、子供の頃よりも皮膚の裏の細胞が多く剥がれ落ちますが、それが時々のようにくっついてしまうと、余分な油が毛穴を詰まらせてしまいます。この毛穴に油分が溜まり、外に出られなくなります。毛包が膨らみ、病変が発生します。

毛穴が詰まったことで、肌に存在する細菌であるP.acneが過剰に増殖し始めます。肌は刺激を受け、炎症を起こしています。ここで毛包が破裂してしまうと、毛包の周りの皮膚も反応してしまいます。あなたは今、あなたの皮膚の他の場所で小結節、黒ずみや吹き出物を持っているつもりです。これが「ニキビ病変」です。

ニキビについての間違った情報を与えてしまう、昔からあるニキビに関する神話があります。そのような俗説を今すぐ払拭しましょう。ニキビについての間違った考えの中でも特に多いのが、「衛生状態が悪いとニキビができる」というものです。確かにニキビができるかもしれませんが、衛生状態が悪いことが原因ではありません。それを信じて、顔をゴシゴシ洗うとニキビが悪化する可能性があります。もちろん、一日の疲れからくる余分な油分や汚れが顔に残っているのはよくありませんが、それを洗い流すときはやさしくしましょう。洗顔は1日2回にして、優しく洗ってください。乾かすときは、力を入れずに優しくパッティングしましょう。それでもニキビができる場合は、薬局でニキビに効くと書かれたものを試してみるか、皮膚科医に診てもらいましょう。

ストレスはニキビに影響しないし、原因にもならない。これは俗説であり、真実ではありません。一日のうちに遭遇するストレスがニキビを引き起こすことはありません。仮に、通常のレベルを超えたストレスがあり、医師から処方された薬を飲んでいたとしても、そのレベルのストレスがニキビの原因になることはありません。しかし、薬が原因でニキビができることもあるので、その場合は医師に相談しましょう。

また、食べ物がニキビに影響を与えるという俗説を否定しましょう。これは真実からかけ離れています。バランスのとれた健康的な食事は必要ですが、それでニキビがきれいになったり、ニキビができなくなったりするとは思わないでください。それはありません。

ニキビを化粧品のようなものだと言って騒ぐ人たちに耳を貸さないでください。特にティーンの場合、化粧品の欠点に「だけ」はありません。それは自尊心の問題であり、そのニキビが悪化して長く存在すると、永久にその傷跡が残ってしまう可能性があります。