ニキビに関する無料リライト用記事:にきび – クイックアドバイス 906字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

Quick Acne Tips 1: 電気カミソリは肌の近くまで剃れないかもしれませんが、ニキビやその他の肌の吹き出物や炎の予防にはより効果的です。

クイック・ニキビ・ヒント2:電気カミソリ以外のカミソリを使う場合は、実は片刃の方が良いのです。なぜ?両刃や三刃のカミソリは、毛根を掴んで表皮の下から引っ張り出すからです。そうすると、皮膚はその穴を塞いで自然治癒力を高め、将来の毛根が外に向かって伸びていくのを困難にし、炎症を起こしてしまうのです。

特に、運動やその他の発汗を伴う活動と一緒に化粧品を使用した場合は、化学物質が毛穴に吸収されたり、染み込んだりする可能性があります。

クイック・ニキビ・ヒント4:化粧品-ニキビに似た毛穴詰まりや肌荒れを防ぎ、ニキビの原因となることを避けるために、”ノンコメドジェニック “または “オイルフリー “と表示された製品を使用しましょう。煌びやかなフェイシャルカラーには、マイカと呼ばれる薄片状の鉱物が含まれていることがあり、これが肌荒れや毛穴詰まりの原因となることがあります。また、着色料に含まれるコールタール、カルミン、チークに含まれるヘビークリームなども同様の反応を引き起こす可能性があります。

ニキビ対策5:より予防的な方法としては、毛穴を詰まらせないために光沢のあるリップグロスではなく、マットな仕上がりになるリップグロスを使うことです。アイクリームは、通常のクリームやローションよりも重い濃度の保湿剤が含まれていることがあり、顔の周辺の毛穴を詰まらせる可能性が高いので注意が必要です。

さらに、油分やアルコール、接着剤など、肌に近づけてはいけないものが含まれているヘアスタイリング剤は、運動中の汗と一緒に毛穴に染み込まないように注意しましょう。特にヘアジェルやムースは、生え際の毛穴を詰まらせないように気をつけてください。香料や香り付きの化粧品を選ぶ際にも注意が必要で、アレルギー反応や皮膚の炎症を避けるために、可能な限り「低刺激性」や「無香料」のものを選ぶようにしましょう(耳の後ろで3日間のサンプリングテストを行うことをお勧めします)。