不動産に関する無料リライト用記事:不動産鑑定 862字

不動産に関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

Real estate appraisal ・・・それって本当のこと?

不動産鑑定または不動産評価は、不動産の最高かつ最良の用途に基づいて、不動産の価値を決定するプロセスです(基本的には、不動産の公正な市場価格を決定すると訳されます)。この不動産評価の作業を行う人は、不動産鑑定士または不動産評価調査員と呼ばれます。不動産鑑定によって決定された価値は、公正な市場価値となります。例えば、不動産鑑定では、同じ不動産に2つの異なる価値(改良された価値と空き地の価値)を割り当てるかもしれませんし、同じ/類似の不動産でも、住宅地と商業地では異なる価値が割り当てられるかもしれません。しかし、不動産鑑定の結果として割り当てられた価値は、不動産投資家がその不動産を投資用に評価する際に考慮する価値ではないかもしれません。実際には、不動産投資家は不動産鑑定プロセスで出てきた価値を完全に無視するかもしれません。
優れた不動産投資家は、その地域で行われている開発に基づいて不動産を評価します。そのため、不動産投資家が行う不動産鑑定では、不動産投資家がその物件を低価格で購入し、(現在のように)はるかに高い価格で売却することで得られる価値を算出します。同様に、不動産投資家は、例えば2年後や5年後の不動産の予想価格について、自分で不動産鑑定を行うことができます。例えば、不動産投資家は、汚い物件や怖い物件(誰も好まないような物件)を購入し、物件の価値(不動産投資家が市場で売却することによって得られる価値)を高めるために、ちょっとした修理や塗装などを行うことにするかもしれません。ですから、ここで不動産鑑定の意味が全く変わってきます(不動産鑑定士がその物件に対して不動産鑑定実習を行った場合に出てくる価値とは全く違うものになる可能性があるのです)。
不動産投資家は、一般的に、自分で行った(あるいは誰かに依頼して行った)この不動産鑑定に基づいて投資判断を行います。このように、不動産鑑定評価は、まさに「不動産鑑定評価」と言えるでしょう。