【副業】アマゾンフレックスは稼げるのか?


アマゾンフレックスとは

アマゾンフレックスとは、Amazonと個人が荷物を運ぶドライバーとして直接契約するサービスです。Uber Eats(ウーバーイーツ)」のAmazon版です。

一応アマゾンフレックスは2時間あたり3,750円(税込)~で、月額40万円以上も実現可能と宣伝しています。

アマゾンのセンターに行って荷物積み込みして配達地域へ出発して配達するとう流れです。

では実際はどうなのでしょうか?

アマゾンフレックスはすでに募集が過剰であとは振るいにかけて落としている感じです。

たとえば未配があるとすぐにアカウント停止やキャンセルとかするとダメになったり、かなり厳しくなっている現状です。あと仕事もだんだんなくなっている感じです。なにせやってる人が多くなったので。

アマゾンフレックスを始めるには?

まずは黒ナンバーの車を用意しないといけません。

あとスマホが必須です。あとパワーバンクもあるといいです。

【2019最新版】25800mAh 大容量モバイルバッテリー パワーバンク 携帯充電器 QC3.0急速充電 3つ出力ポート(2USBポート type-C) 2つ入力ポート バッテリー残量表示 チャージャー 地震/台風/災害/停電事故/旅行/出張/キャンプ/アウトドア活動などの必携品 USBケーブル付 PSE認証済み 24か月品質保証

新品価格
¥2,980から
(2019/7/16 16:09時点)

黒ナンバーを取得できる車種は車検証上の用途が「貨物」となっている軽自動車であればOKです。

街で良く見かけるのは、ハイゼットバン、エブリイバン、ミニキャブバン、サンバーバン当たりです。

中古で買えばヤフオクとかで20万~30万くらいで売っています。あまり安すぎるのや走行が多いのはメンテ代がかかってしまうので注意してください。

黒ナンバーを取得しよう

黒ナンバー取得の流れはこんな感じです。

  1. 申請日までに賃貸、購入などして、事業を行う営業所を確保
  2. 申請日までに車両を確保
  3. 黒ナンバー登録用の届出用紙を作成し、添付書類を揃えて営業所を管轄する地方運輸支局へ届出
  4. 届出書類に不備がなければ届出が受理
  5. 運輸支局で車両を黒ナンバーに変更するための「事業用自動車等連絡」を取得
  6. 営業所を管轄する陸運局で営業用車両を黒ナンバーに変更
  7. 6自動車任意保険に加入
  8. 営業所管轄の税務署や市町村へ開業届を提出する
  9. 事業開始

とまあこんな感じです。

黒ナンバーの保険料

黒ナンバーの保険料は一般的な任意保険と比べて割高です。

黒ナンバー車はひとめで「事業につかっている車」と認識できるようにそのような仕様になっています。
事業に使うということは、一般に比べて「走行距離も多く」「様々な道を走る必要がある」ということは容易に想像できます。なので保険料が高くなっています。

月の保険料は1万5000円くらいです。だいたいどこの保険会社でも同じです。

黄色ナンバーからの保険等級の引継ぎも出来ませんし、年齢条件の特約もありません。

黒ナンバーの任意保険を取り扱っている保険会社がそもそも少ないです。

かかる経費は?

月に約1万km走りなら
ガソリン代は約20万円、高速代は約10万円、月の保険料は1万5000円、オイル交換など車両整備代が1万円くらいでしょうか。

総括

軽配送をアマゾンフレックスをメインにやるのは大変危険です。ですので他をメインにして空いてる時間にやるのがいいと思います。

軽配送で稼ぐにはやはりどこかの会社に所属したほうが全然楽です。車も用意してくれるところもあるし、仕事も多いです。

とりあえずご参考までにどうぞ。


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座