【FX】買い売りエントリーのタイミング


買いエントリーのタイミング

買いエントリーのタイミングは、上昇トレンドの順張り狙いはベタです。

チャートを見て、移動平均線が下降を続けた後に、横ばいもしくは、上向きかけていることをまずは確認して、その上でローソク足が21の移動平均線を上抜いたタイミングを狙います。

これは「上昇トレンドの順張り狙い」と言います。

次に紹介するのが「押し目買い」です。

移動平均線が上昇している時に、ローソク足が21の移動平均線をいったんは下回り、再び上を抜いたときを狙います。

買いエントリーにあたっては、MACDの位置や傾き、
ストキャスティクスの数値なども注意してみてみましょう。

売りエントリーのタイミング

下降トレンドの順張り狙いはベタなタイミングです。

移動平均線が上昇を続けた後に、横ばいか下を向きかけていることを確認して、ローソク足が21の移動平均線を下抜いたタイミングを狙います。

また、エントリーは下降初期に限定されますが、移動平均線が下降している時に、ローソク足が21の移動平均線をいったんは上回り、再び下に抜いた時を狙う「戻し売り」もよくある売りエントリーのタイミングとなります。

買いエントリーも売りエントリーもさまざまなパターンがあるので、いろいろ勉強し、自分の「必勝パターン」を作ることも大切です。

決算のタイミング

「決算」の基本は、なるべく多くの利益を確保すること。それは相場の反転を読むことが重要になります。

決算のタイミングの判断としては以下があります。

-移動平均線で判断

-サポートラインからのブレイクで判断

-ローソク足とMACDで判断

-ローソク足の反対サインで判断

-ローソク足と移動平均線で判断

-相場水準とストキャスティクスで判断

関連商品

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”

新品価格
¥1,620から
(2019/6/23 23:19時点)


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座