【inkscape】フリーハンド線を使って簡単な図形を書いてみましょう

フリーハンド線を使った線と点の描き方です。



フリーハンド線はツールボックスのこの12651211_905056049610021_8656074612346353869_nツールです。

手書き感覚で、マウスドラッグに沿って画面に線を引いていきます。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

手書き感覚なので普通に書くとグダグダな線になります。
このときできた線を「パス」といいます。

フリーハンド線ツールを使用中は以下のボックスが上に出てきます。ここで線を編集していきます。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

モードの

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

はマウスドラッグの軌跡通りに描きたいときにつかいます。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

まあグダグダな線になりますが軌跡通りですね。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

は全てのノードを通り、円弧をスムーズにつなぎ合わせたような曲線になります。

なめらかな線を描くには「スムージング」という機能を使います。
スライダーが右へ行くほどなめらかな線になります。
比べてみてください。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

シェイプのプルダウンメニューからもいろいろ変形させられます。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

点を打って見ましょう。

点は[Ctrl]+クリックで線幅の3倍の大きさ
[Ctrl]+[Shift]+クリックで[Ctrl]+クリックの2倍の大きさ
[Ctrl]+[Alt]+クリックでランダムにうてます。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

裏技ですが点のサイズも変更できます。
フリーハンド線ツールをダブルクリックしてInkscapeの設定の鉛筆から現在のスクロール幅を変えます。

12651211_905056049610021_8656074612346353869_n

関連商品

すぐに作れる ずっと使える Inkscapeのすべてが身に付く本

新品価格
¥2,246から
(2019/6/24 13:40時点)


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座