Android StudioでAPIレベルを変更する方法。

Android Studioで開発をしていると昔のアプリのAPIレベルが低くてAPKをアップロード完了時にエラーが出ることがあります。

その場合はbuild.gradle ファイルに記述されているtargetSdkVersion の値を目的の API レベルに変更してエディタの上部右肩に表示される “Sync Now” リンクをクリックするだけでOKです。

このtargetSdkVersionを変えていきます。

そして“Sync Now”を押した後APKを書き出してアップロードをすれば問題ありません。

Google Playでアプリを公開する場合は最新の Android API レベルをターゲットに指定することが義務づけられるというもの。新規アプリは2018年8月から、アップデートは2018年11月から適用されます。

  • 2018年8月: 新しいアプリでターゲット API レベル 26 以降が必須に
  • 2018年11月: 既存のアプリのアップデートでターゲット API レベル 26 以降が必須に
  • 2019年以降: 毎年 targetSdkVersion の要件が上がる。Android の各リリース後1年以内に、リリースに対応する API レベル以降のターゲットを指定することが義務づけられる

Androidの新しいバージョンが出たら1年以内にターゲットAPIレベルを追従させる必要があるわけですね。

また、ネイティブライブラリを含むアプリには追加のルールがあり、2019年8月からは32ビット版に加えて64ビット版も必須になります。


Wordpressホームページ制作・5万円プラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

超入門】ワードプレス講座