フェイストランスファーを使ってみよう

■フェイストランスファーを使ってみよう

フェイストランスファーを使えばDaz Studioで写真をアップロードするだけで、肌の色や陰影を正確に再現した本物の3Dバージョンを作成できます。

フェイストランスファーシステムにより、顔の形、骨格、質感、色調が転写されるので、誰でもリアルに再現することができます。中世にタイムスリップしたり、深海生物と戦ったり、自分の顔をリアルに再現できます。

家族の顔、自分の顔、誰の顔でも転写できます。

正面顔で、できるだけ髪が掛かっていない写真を用意しましょう。

まずはWindow>panes>からFacetransferをクリックします。

次に真正面顔の写真を用意します。写真は小さいとエラーができます。400×400ピクセルで自分は大丈夫でした。画像は英文字で保存してください。日本語だとエラーがでます。

フェイストランスファーで画像を指定してジェネレートボタンを押すだけです。

こんな感じで無料版には額にロゴがでます。

Dazstudioでのキャラクターの選択はSceneから

編集プレファレンスでMMD toolのアドオンを入れる

入れたら右のタブからモデルを変換、メッシュ

その他からGLSLで色付け

選択ですべて選んで(ビューのとなり)エクスポート