美容に関する無料リライト用記事:香水・コローグの紹介 1191字

美容に関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

香水という言葉は、ラテン語で「煙の中に」という意味で、古代エジプト人が香りのよい木や植物を燃やして、その香りを楽しんだことから生まれたと考えられています。長い年月をかけて、香水はあらゆる主要な文明で使用され、洗練され、強化されてきました。そして今日、私たちが知っているように、香水は非常に大きなビジネスとなっています。

現在の香水には3つの主要な要素がある。

香り・・・匂いのある天然物や合成物であれば、何でも香水に使用できます。一般的には、花、柑橘類、スパイス、木材、時には革などから作られます。

固定剤 ・芳香剤を安定させ、香りを長持ちさせるための成分です。

溶剤 ・・・通常はアルコールで、バクテリアの発生を抑え、塗布しやすいように均一に保つ働きがあります。

香りのカテゴリーは、その香り(または芳香族化合物)がどれだけ製品に使われているかによって決まります。香りの濃度が高ければ高いほど、価格も高くなりますが、これは価格決定の要因にもなります。

ローションやアフターシェーブは、一般的に1?2%の香りをベースにしています。

オーデコロン製品は、一般的に2?3%の純粋な香りがします。

オードトワレは、5~20%の香りが含まれています。

オードパルファムは、10~30%の芳香化合物が含まれます。

香水エキス(パルファム)は、香りの濃度が最も高く、20~40%です。

女性用は香水、オードパルファム、化粧水、コロン、男性用は香水、コロン、アフターシェーブなどに分類されます。

意外と知られていないのが、香りと音楽には「音符」という共通項があるということです。香水は、香りを構成するさまざまな「音符」によって表現されることが多い。これらのノートは、オーケストラが1つの楽曲の中でさまざまな楽器を演奏するように、香りの持続時間の中で異なるタイミングで現れるように設計されています。

トップノートは最も強い香りですが、あまり長くは続きません。これは、お気に入りの香水やコロンを最初に嗅いだときに得られる香りの最初のバーストです。トップノートは、スパイスやシトラスをベースにしたものが多いです。

ミドルノート(またはハートノート)は、トップノートが消え始めた後に現れる香りの主な部分を構成し、通常は最初の香りよりもソフトでまろやかな香りです。これらの香りは通常、フローラル系である。

ベースノートは、香りの基盤を形成し、通常、深みのあるムスキーな性質を持ち、ミドルノートに取って代わるのではなく、ミドルノートと調和するように現れます。

フレグランスは非常に複雑な製品で、消費者の手元に届くまでに多くの開発段階を経る。現在、何万種類もの香水やコロンが販売されており、それぞれが独自の香りの特徴を持っています。かつては富裕層や特権階級だけが使用していたものが、今では誰もが使用できるようになりました。