美容に関する無料リライト用記事:子供の難聴を改善するための方法 1016字

美容に関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

生まれつき重度の難聴のお子さんをお持ちのご両親に朗報です。技術の進歩により、重度の難聴であっても、生後12ヵ月から対応できるようになってきたのです。

米国では、1,000人の新生児のうち約1人(1日あたり約33人)が高度な聴覚障害を持って生まれます。

幸いなことに、代替となる治療法があります。例えば、人工内耳は、小型で複雑な埋め込み型の電子機器で、耳の損傷部分を迂回して聴覚神経を直接刺激することで聴力を回復させるもので、補聴器を使用してもうまく聞き取れなかったり、言葉を理解できなかったりする場合に有効です。

最新の人工内耳技術の一つに「ハイレゾリューション・バイオニック・イヤー・システム」があります。このシステムは、ボストン・サイエンティフィック社のニューロモジュレーション・グループであるアドバンスド・バイオニクス社が開発したもので、重度難聴の子供と重度難聴の大人の両方に対して、音の細かい部分を強調して、より自然な聴神経の反応を促すように設計されたハイレゾリューション・サウンドを提供できる唯一の人工内耳システムと言われています。

人工内耳の利点としては、遠距離での聞き取りやすさ、快適な音量の増加、より明瞭で理解しやすい会話などが考えられます。

専門家によると、人工内耳を装着した人は、普通の会話をしたり、レストランのような騒がしい環境でも声を出したり、電話を使ったり、仕事をしたり、スポーツに参加したり、学校に通ったり、さらには楽器を演奏したりすることができるそうです。

早期にスクリーニングを行い、人工内耳のような聴覚デバイスを導入することは、医学的、経済的、社会的なメリットがあります。”Advanced Bionics社の聴覚教育・トレーニングディレクターであるPatricia Trautwein氏は次のように述べています。「人工内耳は、聴覚療法と組み合わせることで、幼い子供たちが正常な聴覚を持つ子供たちと一緒に通常の教室で学ぶために必要な会話、言語、社会的スキルをより早く習得するのに役立ちます。

人工内耳装用者の半数近くは子供です。難聴の初期段階で発見され、早期に介入・治療を受けることができれば、子供たちは人工内耳の恩恵を最も受けることができます。

成人の人工内耳の候補者は、多くの場合、両耳ともに言語障害の後遺症がある方です。このような方は、一般的に補聴器の効果が限られています。