美容に関する無料リライト用記事:2006年のホットなヘアスタイルトレンド5選 1657字

美容に関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

2005年がトレンディな髪型の時代だったとすれば、2006年はさらにトレンディな時代になるでしょう。2005年は「大改革」の時代で、古いスタイルがより想像力豊かに生まれ変わりました。基本的なスタイルは、60年代後半から70年代にかけてのものです。誰が見ても、古き良き時代の扉からインスピレーションを得ているのがわかる。しかし、それぞれの新しいスタイルには、ちょっとした工夫があり、古いスタイルを完全に新鮮で魅力的なものにしていました。

ファッション業界のトレンドは、世界を席巻するのに時間がかかるようです。あるスタイルが生まれてから、それが受け入れられるまでには数年かかり、流行が終わるまでにはまだ数年かかるのです。今年は、アクセサリーがマストです。正しいアクセサリー」こそが、2006年のすべてなのです。2006年にあなたを驚かせるであろう5つのホットなヘアスタイルのトレンドは以下の通りです。

ハリウッド風に変身。滑らかなウェーブのかかった豊かな髪と深いサイドパートが、クラシックなヴィンテージ・ハリウッドを連想させます。このスタイルを手に入れるには、いくつかの簡単な方法があります。シャワーを浴びた後、髪の毛を乾かします。タオルで拭くとせっかくの効果が半減してしまいます。続いて、指でウェーブをかけます。ピンで巻いてもこの効果は得られます。ラインストーンやフェザーなどのクラシックなヴィンテージ・アクセサリーを使えば、このスタイルが完成します。来年はダチョウの羽を使ったスタイルが流行るでしょう。

流行の80年代。70年代は、”ヒッピー/ディスコ “のようなスタイルは終わりを告げました。これからは、80年代と呼ばれる「退廃の10年」をロックする時代です。ストレートはやめて、クリンプにしましょう。もっと動きのある、ショートのレイヤリングスタイルや、風に吹かれているような毛束感のあるスタイルです。おかっぱ頭は絶対にNGです。鮮やかな色のスウェットシャツ、テーパリングしたブルージーンズ、トゲトゲしたスティレットなどに目を奪われます。ジャンキーなジュエリーも80年代の特徴です。

生まれ変わったビートルズ。50年代、60年代に流行したモッズ・ヘアスタイルが大々的に復活しました。この新しいバージョンでは、髪を短くし、頭頂部のテクスチャーを増やし、前髪はまつげに届きそうなほどブラントしています。2006年は、超短髪と角張ったカットが流行するでしょう。カラーとハイライトが髪に深みを与え、より遊び心のある、実験的な時代の姿勢を反映しています。

アシンメトリーなカット。極端な角度と鈍いエッジが、このヘアスタイルに彫刻的な印象を与えます。思いがけないブラントエッジが、このトレンドをかなり過激でエッジの効いたものにしています。ここには溶け込みやスムーズな移行はありません。片方がもう片方より長くなっているアシンメトリーなカットは、実験を厭わない若者にとって2006年は刺激的な時代となりました。髪を切る角度は、ゆるやかな傾斜にも、急激な傾斜にもなります。髪の毛がとても短い人は、このスタイルを有利にすることができます。側頭部には楽しい模様が彫られていて、このスタイルは本当に目を引くものです。

モヒカンスタイル。ショートヘアの人が美しく着こなせる、もうひとつの万能スタイルです。このスタイルは、男性にも女性にも、長髪にも短髪にも適しています。古典的なモヒカンスタイルは、頭皮の真ん中に細い髪の毛を下ろしています。これは「スカルプロック」とも呼ばれていました。髪が短い場合は、ジェルやワックスを使って、頭の中央で髪を押し上げるだけ。一時的なモヒカンも簡単にできます。サイドの髪を石膏で固めて、中央の髪をトップに押し上げるだけです。本格的なモヒカンにするには、サイドと後ろの髪を刈り上げて、中央の髪を高くする「ピーク」を作る必要があります。このスタイルは、実現と維持が少し難しいです。