ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビ:Rambazoleは将来的にニキビに有効な薬になり得る 723字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

新規のレチノイン酸代謝阻害剤(RAMBA)であるRambazoleを用いた研究では、中等度から重度のニキビを持つ被験者の94%が、Rambazole1mgを1日1回、12週間連続して経口投与した結果、ニキビ病変の総数が50%以上減少し、35%が「消失またはほぼ消失」したと判定されました。

バリア・セラピューティクス社は、中等度から重度のニキビを対象としたランバゾール(TM)経口剤のフェーズ2a試験で良好なデータを報告しており、また同製品の外用剤でも生物活性試験で良好なデータを報告していることから、今回の試験は将来的な本薬の生産を示唆するものです。

専門家の説明によると、クリアまたはほぼクリアとみなされるためには、被験者の全病変数が90%以上減少しなければならないとのことです。 今回の報告によると、炎症性病変も非炎症性病変も同様に治療に反応しました。炎症性病変も非炎症性病変も同様に治療に反応し、新成分による治療に関連した重大な効果はなかった。また、重篤な副作用としては、皮膚や唇の乾燥を経験した患者さんがいただけでした。

バリア・セラピューティクス社の会長兼CEOであるGeert Cauwenbergh博士は、「今回の良好なフェーズ2a試験結果は、中等度から重度の炎症性ニキビに対してランバゾールの経口投与が有効であることを示しており、今後の本格的な臨床試験の結果次第では、本剤が中等度から重度のニキビに対する安全で効果的な経口治療のニーズを満たす日が来るかもしれません」と述べています。今回の結果は、先に発表したRambazoleの乾癬に対する有望な臨床データに続くものです。