ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビ:ニキビと向き合うという戦い 916字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

ニキビは誰にとっても悩みの種です。第一に、それを受け入れることが難しいからです。第二に、この皮膚疾患と社会的な美のパラメータに対しても考えなければならないからです。しかし、若い女の子や男の子がニキビに悩まされると、すべてが最悪になります。

同じようなことがChelsea Faheyにも起こりました。彼女は子供の頃からモデルとして活躍し、10以上の美人コンテストで優勝し、最終的に2004年のミス・ティーン・アメリカの栄冠を手にするなど、常にその容姿が注目されていました。

彼女の悪夢は、中学1年生のとき、ひどいニキビとの恥ずかしい戦いから始まりました。髪の毛で顔を隠したり、下を向いたりして、人の反応を見ないようにしていましたし、人がうずくまっているのを見るのも苦痛でした」と、18歳になったチェルシーは振り返る。

ニキビは、人の性格や感情に影響を与えます。ありふれた問題ではありますが、強い人でもショックを受けます。Academy of Dermatologyによると、12歳から17歳のティーンのほとんどが何らかのニキビに悩まされますが、そのうちの40%は重度のニキビになるそうです。ニキビではなく、瘢痕を残し、精神的にも荒廃した状態になる嚢胞ができるのです。

私は友達をあまり作らず、誰ともデートしたくありませんでした。誰にも顔を触られたくなかったし、鏡も見たくなかった。本当に悲しかったわ」とチェルシーは語ります。

家の中の鏡にもカバーをかけて、自分が見えないようにしていました」。チェルシーは、薬、クリーム、洗顔料、薬用化粧品など、あらゆる治療法や薬を試したが、効果はなかった。

チェルシーは、母親にさえもこの問題について話そうとしませんでした。もし話せば、自分に問題があることを認めることになると思ったのです。そして彼女は、普通のティーンエイジャーが抱えるような問題をこれ以上抱えたくなかったのです。

チェルシーの母親の視点では、彼女は負け戦をしているように見え、さらに自分の中に引きこもってしまいましたが、チェルシーが最初にしたこと、そして主にしたことは、自分に問題があることを認めることでした。