ニキビに関する無料リライト用記事:にきび:にきび用の抗生物質の使用により一般的な病気が増加する可能性がある 705字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

専門家の最近の研究によると、にきびに対する抗生物質の使用は、一般的な病気を増加させる可能性があることが、にきびに対する抗生物質を6週間以上投与したグループ(全員がボランティア)を対象とした実験で証明されました。実験後、このグループは、抗生物質を投与されていないニキビ患者に比べて、1年以内に上気道感染症を発症する可能性が2倍以上高くなりました。

抗生物質を使いすぎると、耐性菌が発生し、感染症が増加すると専門家は説明する。しかし、実際に抗生物質に長期間さらされた人についての研究はほとんどなく、今回の重要性が指摘されています。

専門家によると、ニキビに抗生物質を使用した場合の影響を研究するのに理想的なのは、長期的に抗生物質を使用しているニキビ患者(皮膚の皮脂腺が関与する炎症性疾患で、丘疹や膿疱、面ぽうが特徴)であり、抗生物質の長期使用の影響を研究するのにユニークで自然な集団であるとのことです。

フィラデルフィアにあるペンシルバニア大学医学部の専門家グループは、英国の医療データベースにおいて、1987年から2002年の間に15歳から35歳までのニキビと診断された人を特定しました。

さらに、ニキビ治療のために抗生物質を投与された人と、抗生物質を投与されていない人の間で、一般的な感染症である上気道感染症の発生率を比較しました。

その結果、最初の1年間で、15.4%のニキビ患者が少なくとも1回のURTIを発症しており、抗生物質治療を受けている患者がURTIを発症する確率は、抗生物質治療を受けていない患者の2.15倍であったと報告しています。