ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビ:レーザー、副作用のないニキビに良い治療法のようです。 712字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

レーザーは、副作用のないニキビのための良い治療法のようです。レーザーや光を利用したシステムは、この10年間で尋常性ざ瘡をはじめとするさまざまな皮膚疾患を治療するための一般的な手段の一つとなりました。

尋常性ざ瘡(にきび)の治療に使用される様々な内服薬や外用薬では、多くの患者さんが十分な効果を得られなかったり、副作用が生じたりします。そのため、より早く、より安全で、副作用のない新しい治療法を求める声が、にきびに悩む患者さんの間で高まっていました。

Tel Aviv MsqのDermatology and Lasers Clinic(イスラエル、Caesarea)は、このような状況を踏まえて、尋常性ざ瘡の治療における光治療の役割を検討し、光生物学的側面と生物医学的光学を議論し、レーザー/光ベースの機器の現在の技術を検討し、臨床経験と結果をレビューし、臨床ガイドラインと治療上の注意点をまとめました。

一連の臨床試験の結果、隔週で4回の治療を行った後、85%の患者が病変の少なくとも50%において重要な量的減少を示した。約20%の症例では、ニキビの根絶が90%に達する可能性があることが示されました。最後の治療から3ヵ月後には、約70パーセントから80パーセントのクリアランスが得られます。一方、非反応率は15%から20%です。

研究者によると、レーザーと光を用いた治療は、軽度から中等度の炎症性尋常性ざ瘡の治療に安全で効果的な方法です。経口抗生物質の効果と比較した結果、光治療によるニキビの改善は、より早く解決し、副作用も少なく、患者の満足度につながるとしています。