ニキビに関する無料リライト用記事:にきび:基本的な理解 1335字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

アメリカでは、全人口の約80%がニキビの経験があると言われています。ニキビは、性別、年齢を問わず、世界共通の皮膚疾患です。皮膚疾患の一つであるニキビは、感染しないというのが良い点です。

ニキビは人から人へ伝染するものではありませんが、顔全体に広がることがあり、毛母細胞を持つすべての皮膚組織に深刻な影響を与えます。ニキビは思春期の人だけにできるものではありません。思春期だけのニキビではなく、乳幼児や40代以上の方でもニキビができることがあります。生まれたばかりの赤ちゃんにできるニキビを「乳児性痤瘡」、中高年にできるニキビを「酒さ」と呼んでいます。

にきびは、感染の程度によってさまざまな分類があります。

面皰(めんぽう)は、すべての重度のにきびが発生する形態です。これは、皮膚に赤い腫れや小さな病変があるのが特徴です。ホワイトヘッドとブラックヘッドは、コメドの2つの形態です。逆に、ブラックヘッドは開いたコメドです。色は、メラニンと呼ばれる黒い皮膚の色素に加えて、固まった皮脂やその他の皮膚のカスや粒子が蓄積されたものです。これは白毛の基本的な構造ですが、唯一の違いは色調であり、これらは皮膚の層の奥深くに位置しています。

口の中の組織の周りや、おでこ、あご、頬の表面に紙やすりのような皮膚がある人は、おそらく丘疹でしょう。膿を持った病変は、膿疱とも呼ばれます。

一方、結節は膿疱と似ています。しかし、結節はより硬く、皮膚の奥深くで成長する大きなアクネです。炎症により、膿疱は、白血球(アクネに感染するプロピオン酸菌のために死んでいる)、死んだ皮膚細胞、活性または不活性の細菌からなる半液体または液体の物質を含むようになることがあります。その結果、シストと呼ばれるより深刻なニキビが発生することがあります。このような場合には、皮膚科医や内科医の助けが必要になることがあります。

ニキビの原因は何ですか?ニキビの原因を正確に特定することは非常に難しく、理由は場合によって異なります。研究によると、この皮膚疾患は、食生活の乱れ、ストレス、天候、ホルモンの変化など、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があり、また遺伝的な影響を受けることもあります。

医学的には、ニキビは、皮脂腺から皮膚に分泌される油性物質である皮脂が固まることから始まります。そこにアクネ菌が侵入すると、免疫系が白血球を放出して菌の攻撃を阻止しようとします。そうすると、死んだ白血球やバクテリアが、皮膚の破片や死んだ皮膚の粒子と混ざって毛包に蓄積され、それが病変部に炎症を起こすのです。

軽度のニキビであれば、市販のニキビ治療薬で治療することができます。市販のニキビ治療薬は、一般的に外用薬で、ニキビ治療のために皮膚に塗布します。石鹸、ローション、ジェル、クリームなどの形で販売されています。逆に、全身用のニキビ治療薬は、経口的に服用します。その中で最も一般的なのは、抗生物質です。

人生のどこかの時点でニキビに悩まされているのは自分だけではないということを知っていれば、常に新しい研究や新製品が登場することになります。これからもニキビに関する研究を読み続け、ニキビとの戦いに役立ててください。