ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビと食事 – インスリン・インスリン抵抗性・ホルモンの関係 1199字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

食生活は、ニキビの直接の原因ではありませんが、ニキビに間接的な影響を与えます。そのため、多くのニキビ治療では、食生活の改善が推奨されているのですが、それに加えて食生活の改善も推奨されています。

食事はニキビに間接的な影響を与えるため、食事内容を変えても結果には個人差があります。これは、人によって食べ物の代謝が異なるためです。特定の食品に敏感な人は、そうでない人に比べて、その食品がニキビに与える影響が大きいと考えられます。

例えば、ニキビができやすい肌は、インスリン抵抗性であることがわかっています。インスリンとは、糖質の代謝を調整するホルモンで、タンパク質の代謝や脂肪の代謝にも関与しています。インスリンは、細胞が血液中のエネルギーを利用する方法を調節します。そのため、インスリンは肝臓や脂肪細胞(脂肪組織)に血液中のブドウ糖の一部を取り込ませ、それを脂肪として蓄えさせます。

インスリン抵抗性のある人は、体内で分泌される通常量のインスリンに反応しません。血糖値の調節(最終的にはインスリンが関与する)は非常に重要であるため、肝臓や脂肪細胞が反応しない場合、膵臓はより多くのインスリンを分泌し始めます。それでも体が反応しないと、血糖値は上昇します。

インスリン濃度が高くなると、高血圧や体液貯留の原因となり、2型糖尿病になることもあります。

このように、インスリン抵抗性のある人にとっては、白パンや砂糖、甘いものなど、質の悪い炭水化物が問題になることがあります。このような炭水化物は、消化が早く、血液中に素早く入ってきます。通常であれば、インスリンの働きにより、体内の余分な血糖が細胞に取り込まれます。しかし、インスリン抵抗性があると、血中の糖分が長く滞留し、血中のインスリン濃度が高くなってしまいます。

これは、ニキビに悩む人、特に女性にとって重要なことです。インスリンが過剰に分泌されると、男性ホルモンの濃度が高くなります。このアンドロゲンホルモンがニキビに関係していることは古くから知られています。アンドロゲンホルモンは、皮脂腺からの油の分泌を増加させ、毛穴を詰まらせ、アクネ菌の温床となります。

また、別の研究では、10代のニキビには精製された炭水化物(パンやシリアルなど)が多く含まれていると指摘しています。同様の理由で、血糖値が高いとインスリンやインスリン様成長因子(IGF-1)が増加し、男性ホルモンが過剰に分泌されると考えられています。そして、この男性ホルモンがニキビ発生の引き金となります。

また、それだけでなく、インスリン様成長因子(IGF-1)は、ある種の皮膚細胞(ケラチノサイト)の増加を促します。ケラチノサイトはニキビにも関与しています。

参考文献
foodnavigator.com/news/ng.asp?id=45658