ニキビに関する無料リライト用記事:ニキビ – ニキビではないのに白斑のように見える稗粒腫の除去 993字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

誰もが美肌になりたいと思っています。そのためには、ニキビが最大の障害になります。しかし、ニキビのように見えてニキビではない肌トラブルもあります。稗粒腫もそのひとつです。稗粒腫は、年齢に関係なく、顔にできる白い斑点です。稗粒腫は白い真珠のような形をしており、多くの人がニキビの白斑と混同しています。稗粒腫は白斑ではありません。ですから、治療法も異なります。一般的なニキビ治療では、稗粒腫を取り除くことはできませんが、より多くの肌トラブルを生み出します。稗粒腫と白斑の違いを知って、美肌になりましょう。

ニキビ-白斑とは:白斑は、古い角質や白血球、P.Acnes菌、皮脂などが皮脂腺の開口部を塞ぐことでできます。皮脂腺は口を閉ざした状態になり、この面皰をニキビと呼びます。このニキビが私たちを悩ませるのは、さらに感染すると瘢痕を作り、顔の皮膚を永遠に損なってしまう可能性があるからです。

稗粒腫(はいりゅうしゅ)とは、古い角質が皮膚の外に出られずに蓄積したものです。稗粒腫には白斑のような感染症はなく、細菌や膿もありません。稗粒腫には皮脂が含まれていません。私たちの肌は、毎日古い角質を排出しています。この角質が皮膚から排出されずに蓄積され、稗粒腫になることがあるのです。稗粒腫を皮膚から取り出してみると、白い塊が見えます。これが古い皮膚細胞です。

稗粒腫の治療-稗粒腫を除去する唯一の方法は、皮膚から稗粒腫を採取することです。まぶたにできた稗粒腫を自分で取り出すのはやめましょう。稗粒腫を防ぐ最良の方法は、定期的に皮膚の最上層の角質を除去することです。定期的にマイクロダーマブレーションを行ってください。AHAも定期的に表皮の角質を取り除くのに適しています。ビタミンA誘導体のクリームも表皮の角質をはがすのに良いです。予防や除去については、医師に相談しましょう。

この記事は情報提供のみを目的としています。本記事は医療上のアドバイスを目的としたものではなく、また専門家による医療上のアドバイスの代わりになるものでもありません。医療上の問題については、主治医にご相談ください。本記事に記載されているヒントは、医師に相談してから実行してください。本記事から得られた情報によって生じたいかなる結果や損害に対しても、著者は責任を負いません。