ニキビに関する無料リライト用記事:にきび – みずみずしい健康な肌を手に入れるために 1318字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

ニキビは、ホルモンやその他の物質が皮膚の油腺や毛包に作用することで生じる皮膚疾患です。これらの要因により、毛穴が塞がり、一般的にニキビや吹き出物として知られる病変が発生します。ニキビは基本的に、顔、背中、胸、首、肩などにできます。このように、ニキビとは、毛穴の詰まり(黒ずみ、白ずみ)、吹き出物、さらには体のさまざまな部分に現れる深いしこり(嚢胞、結節)を指す言葉です。

ニキビはどのようにしてできるのですか?

ニキビは、細かい毛の層を含む毛包と呼ばれる管に接続された皮脂腺で構成される、毛包単位(PSU)の病気です。これらの皮脂腺は、皮脂と呼ばれる油性物質を生成し、通常は毛嚢の開口部から皮膚上に排出されます。この毛包の壁が破壊されると、皮脂や細菌、剥がれ落ちた皮膚細胞などあらゆるものが流出し、それによって病変やニキビが発生するのです。

ニキビを悪化させる要因

ニキビの正確な原因はまだ解明されていませんが、医師は様々な要因によってニキビが発生すると考えています。主な要因としては、思春期に多く発生するアンドロゲンの急激な増加が挙げられます。ニキビの要因としては、遺伝もあります。子供は親からニキビをもらう傾向があり、アンドロゲンやリチウムなどの薬の使用で影響を受けることが多いです。

しかし、ニキビを悪化させる要因はいくつかあります。

思春期の女の子や大人の女性のホルモンレベルの変化
思春期の女性や大人の女性のホルモンレベルの変化や、保湿剤や化粧品などの使用による皮脂の過剰分泌。
窮屈な襟やタイトなスポーツユニフォーム、バックパックなどによる圧迫感
汚染や高湿度などの環境による刺激
肌を強くこすること
シミをつぶしたり、つまんだりすること
ストレスや不安感

にきびの種類

ニキビに悩まされている人は、基本的に、肌に悪影響を及ぼすさまざまな病変を抱えています。

ニキビの種類は以下の通りです。

面皰(めんぽう)・・・毛包が肥大して詰まったもので、主に白毛を生じます。
丘疹(きゅうしん)・・・通常、皮膚上に小さなピンク色のバンプとして現れ、触ると痛みを伴う炎症性の病変。
嚢腫(のうしゅ)・・・深くて痛みを伴い、通常は膿を持った病変で、瘢痕化することもある。
結節(Nodule) ・皮膚の奥深くに留まっている、大きな痛みを伴う固形の病変。
膿疱・・・白や黄色の膿をもった丘疹で、根元は赤くなっている。

にきびの治療方法は?

通常、皮膚科医がニキビを治療しますが、重度のニキビを防ぐために手作りのレシピを使うこともよくあります。少なくとも1日3回、冷たい水とマイルドな洗顔料で顔を洗う必要があります。ラベンダー、カモミール、カレンデュラ、ジュニパー、ミントなどのエッセンシャルオイルをアーモンドオイルと一緒にお肌に塗ると効果的です。また、亜鉛のサプリメントを食生活に取り入れ、カフェインやジャンクフード、塩分の多い食べ物を避けるようにしましょう。

これらの自家製レシピ以外にも、過酸化ベンゾイル、サリチル酸、イオウ、アゼライン酸、ビタミンAを含む処方薬やOTCの外用薬を服用することで、ニキビからの早期回復が期待できます。