ニキビに関する無料リライト用記事:5つの自然派および非自然派のニキビ治療法 1367字

ニキビに関するアフィリエイト用のブログ用記事です。
サイトやブログなどの記事を増やしたい方にいかがでしょうか?
バックリンク用のブログ記事、サテライトサイト記事、ブログのスタートアップなどにどうぞ。
必ずリライトしてお使いください。
簡易記事ですので多少の表現の誤りはご了承ください。

ブログを始めたいけど記事ネタを見つけるのが大変、という人へ。

リライト用記事なので、リライトして使用することが前提となっています。
そのままコピペしてサイトにアップしても、検索エンジンにはコピー記事として認識されるだけなので無駄です。
必ずリライトしてください。

誰もが一度は、ニキビを完全になくす方法を模索したことがあるでしょう。ここでは、効果が実証されている天然のニキビ治療法とそうでないものをご紹介します。

1. ウィッチヘーゼル・アストリンゼント

この収れん剤は、同じ名前の植物に由来しています。ウィッチヘーゼルは、カナダのノバスコシア州からテキサス州、フロリダ州まで広く分布しています。
ウィッチヘーゼルの小枝を蒸すだけで、出来上がりです。この植物から抽出されたエキスが収斂剤となります。
ただし、冷やすことを忘れずに。この植物の良いところは、自然にできたものであること、そしてその過程もすべて自然のものであることです。
市販のアストリンゼントに比べて、刺激が少ないのも嬉しいですね。

2. 市販のアストリンゼント

市販のアストリンゼントも効果的であることは間違いありません。
美肌効果のある成分が配合されているものなど、種類も豊富です。唯一の欠点は、化学物質が配合されているため、少し刺激が強いことです。
肌を乾燥させる可能性があるので、特に注意して使用してください。

3. オールナチュラルなトリートメント

キッチンとニキビは、意外と知られていない2つの敵です。オレンジやレモン、新鮮なニンニク、生のジャガイモなど、キッチンにあるものを探してみましょう。

– オレンジやレモンはコットンにしぼって使うといいでしょう。それを患部に塗り、20分ほどで洗い流します。

– 生のニンニクはもっと簡単に使えます。皮を剥いて顔に塗るだけです。

– 生のじゃがいもは、皮をむいて平らな面を顔にこすりつけます。

これらの果物や野菜から抽出された天然エキスは、赤みを最小限に抑えると同時に、肌をきれいにする効果があります。

4. 抗生物質の服用

重症の場合は、抗生物質が処方されます。これらの薬は経口で服用し、皮膚の毛根の中や周りのバクテリアの量を減らします。
抗生物質は、白血球が生成する刺激的な化学物質を減少させます。最後に、抗生物質は皮脂に含まれる遊離脂肪酸の濃度を低下させ、抗炎症作用を発揮します。
適切な抗生物質とその投与量については、皮膚科医に相談してください。

テトラサイクリンは、今でもニキビ治療に最もよく処方される抗生物質です。
この抗生物質のほとんどは、空腹時に服用する必要があります。また、妊娠中の女性や9歳以下の子供にも使用してはいけません。
通常、1回500ミリグラムを1日2回服用し、処方されるまで、あるいは病変がかなり縮小するのが確認できるまで継続して服用します。

2位のエリスロマイシンは、妊娠中の女性にも処方可能です。ただし、吐き気や胃の不調を引き起こす可能性があります。
テトラサイクリンは細菌を殺すことしかできませんが、エリスロマイシンは抗炎症作用と細菌を殺す作用を併せ持っています。
また、この抗生物質は食べ物が入ったお腹で服用する必要があります。他の可能性のある抗生物質については、それぞれの効果や副作用について医師と相談してください。

5. 5.外用療法
外用クリームもニキビ治療に有効であることが証明されています。
しかし、乾燥したり剥がれたりしますが、重度のニキビには最も効果的な治療法だと言われています。過酸化ベンゾイルは、非常に一般的で効果的な外用ニキビ治療薬です。