外付けHDDの(パラメータ)が間違っていますのエラー解決

パラメータが間違っています

外付けHDDにファイルをバックアップしようと思ったら「パラメータが間違っています」というエラーが出ました。

ディスクのアクセス中の接触不良や、アクセス中にUSBの抜き差しをしたことによるデータ破損などが原因です。USBポートの問題、不良セクタ、不適切な外付けHDDの取り外し、破損したファイルシステムなどがあります。

まずはハードディスクが物理的に壊れてないか確認します。

CrystalDiskInfoとは

CrystalDiskInfoを使ってハードディスクの健康状態を調べます。

CrystalDiskInfo
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

CrystalDiskInfoで診断した健康状態が「正常」であればHDDにハード的(物理的)なエラーはありません。問題なければファイルシステムの異常、ハーディディスクのデータの問題なので外付けHDDのディスクチェックを実行します。

chkdskを実行する

「chkdsk」は、ファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラムです。

コマンドプロンプトを「右クリックして「管理者として実行」を選択します。

プロンプトで「chkdsk ドライブ名: /f 」と入力し、Enterキーを押します。これでだいたい治ります。ドライブを切り替えたりCドライブの先頭に戻る必要はありません。

「chkdsk ドライブ名: /f /r」とrを入れると不良セクタがあると判明しているハードディスクに対して修復を行います。これはかなり時間がかかります。「chkdsk ドライブ名: /f 」だけで自分はOKでした。

フォーマットをするとデータが消えてしまうので注意です。

「Windows でファイル システムが修正されました。これ以上の操作は必要ありません。」と表示されればchkdskのファイルシステムエラー修正は完了です。

右上の「×」をクリックして閉じます。

HDDが読み込めるか確認

chkdskが終わったらHDDが正常に読み込めるか確認してみます。

以上です。ご参考までにどうぞ。